もっと気楽に行こうや!
オモローなこと大好きなFUKuの日記(大阪|広告|大新社)

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | author スポンサードリンク | - | - | - | - |

    SP(野望篇)|映画

    0
      皆さま、こんにちは。大新社のFUKuでございます。

      さて、FUKuはこの祝日、 SPを観てきました〜
      SP
      いやー、SPが人気なわけが分かりますねー。
      お、おもしろすぎる…!そして、岡田くん、かっこよすぎる…!

      私は、SPはドラマも観ていなくて、特に岡田くんが好きだったわけでもないのですが、終わった瞬間、「革命篇」のチケットが欲しくなったのと、ドラマを最初から観たくなりました。

      あー、でも、うちのテレビデオ(もちろんアナログ)、ビデオが壊れてるので録画ができないのだった。。。ドラマってレンタルできるのかなぁ。

      にしても、映画の中で出てきた政治家の金の流れって、あれって現実にある話なのでしょうか。単位が大きすぎてFUKuにはよく分からなかったけど、現実にあるから話になるんだろうなぁ。高いワイン飲んで、気に入らなければ一言で指示を出し、その人が流した大金で周りの人が動く…もっと身近なところに幸せを感じたいと思うFUKuでした!
      MOVIE | 13:00 | author FUKu | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      ショーシャンクの空に

      0
        今日は、最近観た映画(DVD)のお話。

        先日、「ショーシャンクの空に」という映画を観ました。この映画、昔から大好きだったのです。

        銀行員として成功していた主人公アンディ・デュフレーンは、妻とその愛人を射殺したという身に覚えのない罪で、ショーシャンク刑務所に投獄されてしまいます。この映画を観ていると時間の流れを忘れかけてしまうのですが、なんとアンディは20年近くも投獄生活を送ったのです。

        結末を言ってしまうと面白くないので詳細は伏せますが、私は、この映画を観たらとても「元気」をもらえるのです。
        ―決してあきらめない心と自分を信じること。
        私生活で、たくさんの自分で決定しなければいけないことや「これでいいのかなぁ…」「このままでいいのかなぁ。」と迷うことがありますが、ちょっと落ち込んでしまう時にこの映画を観ると、「希望」を捨てずに前へ、前へ進むアンディに励まされます。

        あと、この映画のもう一つ好きなところは、"刑務所"という少々残酷で残忍な場所を表現するにあたって、残酷な映像を用いずに(ある意味)そのエグさを伝えている所です。今の多くの映画は、残忍な雰囲気や状況を伝えるのにありのままの映像を用いますが、やっぱりそれらの映像はショッキングを受けるもの。そうゆう意味でもこの「ショーシャンクの空に」の映画は、クオリティが高いなぁと思います。

        思わぬ展開やアンディの男らしさにも惚れ惚れする映画です。興味のある方は、是非ご覧あれ♪
        評価:
        ---
        ワーナー・ホーム・ビデオ
        ¥ 999
        (2010-04-21)

        MOVIE | 15:39 | author FUKu | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        インセプションを観に行ってきました。

        0
          JUGEMテーマ:映画館で観た映画
           
          こんにちは。弊社大新社は、お盆休みが終わり、通常営業が始まりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

          さて。お盆休み中にFUKuは、今話題の映画「インセプション」を観に行ってきましたよ〜♪

          率直な感想を述べますと…もう一回観てみたい!前提としてこの映画は難しいので、まずは最初の部分で内容を自分に落とし込むのに時間がかかり、そうしているうちにも先に進む…という感じだったのです。なので、次からはもう少し余裕をかまして観てみたいです(笑)。

          難しいながらも観た感想としては、私の中では★3.5くらいでしょうか。話の流れや表現、特にスケールは最高でした!あとは、やっぱり渡辺謙がカッコ良かったぁ〜〜!

          そして、エンドロールには渡辺謙の専属トレーナーの名前も…!これは、以前 渡辺謙が出ていた番組で見たのですが、「映画などで俳優の名前は目立つ所で出るけれど、その世界各国を飛び回るスーパースターを支えてくれている人の存在は自分の中で大きいもの。だから、是非その人たちの名前も載せてほしい。」という渡辺謙の思いの反映らしい。今回のインセプションの撮影も、日本、カナダ、NY…など、世界各国を飛び回る、大変なものだったことでしょう。その中で、支えてくれた人たちに対する感謝をきちんと形にする渡辺謙は、すごいなぁ〜と思います。

          …って、話が少しそれてしまいましたが、インセプションをまだ観ていないアナタ!この映画は、ボリュームもスケールも大きいものなので、観て損はないと思いますよ!ぜひ劇場へ(まわし者ではありません)。
          MOVIE | 13:01 | author FUKu | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          • 1/1PAGES